大学入試・高校入試~国語と英語の対策に天声人語を!その効果とは?

公開日: 


こんばんは、になれなです!

大学入試が、現在の高2から変わります。

新共通テスト対策が、塾や学校で色々叫ばれていますが、
実際には決定事項は少なく、手探り状態のようです。

つまり、1年目に施行して具合の悪い部分を少しずつ変えていくんです。

その次の年にうちは大学受験ですが、1年目の情報が乏しい状態での
受験になります。

スポンサードリンク

かなり、不安ですが、塾や学校の先生の言われる通り、
まずは基本を押さえておくことが大事だなあと思います。

国語の記述式が増えることへの対処〜読解力をUPする方法とは?

読解力を養うには、朝日新聞の天声人語を使う方法や
社説などのコラムを使う方法が良いとされています。

要は、文章を読んで理解して、
何が書いてあったかを要約できれば大丈夫でしょう。

うちの場合は、朝日新聞の無料会員に入って天声人語を使っています。

時々、有料会員になっています。
有料会員になるとアプリでも読めるし、そのまま印刷もできるからです。

子供達も時間に追われているので、
毎日、天声人語のノートに書き写すことができなくなりました。

それで、有料版はいつもいらなくなったのです。

以前はやっていたのですが・・・。

小学生の時から天声人語を書き写して要約していた娘は、
中学生になってから国語は95点以下は取ったことがありません。

朝日新聞のHPを見てみると、大学入試対策の商品が用意されていてびっくりしました。

その商品は、文章に特化したものがほとんどですが、
新共通テストに役立つと感じました。

何故ならば、新共通テストでは、書いてまとめることが重要視されるからです。

これから大学入試対策の商品もいろいろと出てくると思います。

スポンサードリンク

しかし、今すぐにできることは天声人語のようなものを読み取り、
内容を理解して要約を書けることだと思います。

天声人語は英語版もあるので、英語の勉強にもなります。

大学入試では、英語も大きく変わる

大学入試では、英語はタブレットを使ったスピーチが入ってきます。

ある塾の説明会に行って現段階で予定されている
英語のテストのシュミレーションを受けてきました。

正直に言ってかなりの訓練が必要です。

自分で考えた答えをタブレットに向かって
英語で言わなければなりません。

英語は苦手だからと落とせないのが今の現状です。

また、英検などの外部テストも活用するということでした。
受験する年の検定で2回までエントリーできるようです。

たとえば、英検だと6月と10月の試験の結果までなので
考えて受験する必要があります。

これらも決定ではないようですから、まだ議論する余地があるということでしょう。

今できることは、単語をたくさん覚えることです。
英語が苦手な人は単語を覚えていません。

文法が難しいとか言って投げ出す人が多いですが、
単語をたくさん確実に覚えれば、自信が付いてくるものです。

基本の単語を覚えようとしないから難しく感じるのです。

そのためには、日頃から英語に馴れ親しむのが一番です。

天声人語の英語版は、オススメです!

私は、朝日新聞とは全く関係ないのですが、
子供達は、天声人語のおかげで国語と英語は特に得意です。

また、他の教科も天声人語で培った読解力のおかげで
悪くありません。

高校生の息子が通っている塾でも席に着く前に
天声人語や社説などのコラムを読ませて要約を先生に話してから
席に着くという訓練をしています。

読解力をつけるには、自分で天声人語を読んだり、
書いたりと行動するしかないですね!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑