インフルエンザ~微熱でもインフルエンザの可能性は高い!

公開日: 

体温計

おはようございます。
ニナレナです。

インフルエンザの季節になりました。
あなたは、大丈夫ですか?

予防接種、受けましたか?

今までに罹ったことがないから
「自分はインフルエンザには罹らない」
って、思っていたらひどい目に遭いますよ。

スポンサードリンク

実は、インフルエンザって
罹ってから誰でも高熱が出るとは限らないのです。

もしかしたら、今まで知らず知らずのうちに
インフルエンザに罹っていたことがあるかもしれません。

それを不顕性感染(ふけんせいかんせん)と呼びます。

だから、インフルエンザが流行っているときに
だるかったり、関節痛若しくは筋肉痛などの全身症状があれば、
高熱がなくてもインフルエンザの可能性があります。

インフルエンザ=高熱とは限らない

インフルエンザ=高熱は、一つの目安であって
他の症状が主症状になる場合があります。

平熱が35度2分くらいの人が
37度8分あれば、立派な高熱なわけです。

その場合は、38度を超えないから
インフルエンザではないという風な
素人判断はしないようにしましょう。

よくある体温が38度を超えないと
病院に行かないという人はどうかなあと思います。

微熱でも全身症状があれば
インフルエンザを疑いましょう。

全身症状とは、頭痛、関節痛、筋肉痛、だるさ、
きつさ、倦怠感、手足の指の関節痛、眩暈(めまい)
などの起きる症状のことです。

個人差があるので
これ以外の症状が出る人もいます。

つまり、何かいつもと違うと感じて
風邪症状もあるならば

簡単に風邪と判断せずに
インフルエンザも疑いましょう。

スポンサードリンク

インフルエンザに罹った時の薬にはどんなものがあるの?

インフルエンザの薬も最近は増えてきました。
抗インフルエンザウイルス薬は以下の通りです。

全て商品名です。

タミフル
リレンザ
ラピアクタ
イナビル
シンメトレル(A型のみ)

これらの薬の効果は、インフルエンザに罹患してから
経った時間や症状により異なります。

例えば、高熱が出始める前に使っても
全身にインフルエンザが回っていないとき
(感染の有無がわからないとき)に使っても
効果が出ない場合があるということです。

つまり、医師の判断により
適切な薬を適切な時間帯に用いないと
効果に期待できないということになります。

抗インフルエンザウイルス薬を
発症から48時間以内に服用すると
1~2日で症状が軽減し、早く体が楽になります。

逆にいうと症状が出てから・・・
3日くらい経ってから服用しても
効果が期待できないのです。

早くても遅くてもダメで
48時間以内という制限があるので
早めに診断を受けて医師の指示に従ったが良いのです。

インフルエンザワクチンを打ってもインフルエンザになる?

インフルエンザワクチンには、
「流行が予想されるインフルエンザ」を
ワクチンにしていますが、あくまで予想です。

予想が必ずしも的中するとは
限らないのです。

しかし、最近は数種類のインフルエンザのワクチンを
1度のワクチンで打つことができるようになりました。

つまり、予想の的中率が上がったわけです。

よく、インフルエンザのワクチンを打ったけど
インフルエンザに罹ったという人がいます。

そういう人に症状を聞くと
ほとんどの人が軽い症状で済んでいるのです。

つまり、インフルエンザワクチンは、
打ったが良いということになりますね^^

今からでも間に合いますので
インフルエンザワクチンを打ちに行きましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑