汗の臭いを防ぐには、汗の付いた服の臭いも消すと良い

公開日: 

こんにちは、ニナレナです。
毎日、暑いですね~。
こんなに暑いと、汗の臭いが気になりますね!

あなたは、汗の臭いの対策をしていますか?
汗を掻いた時って、
ハンカチやタオルで拭いて、安心していませんか?
それで、大丈夫ですか?

気になる汗は拭きとれても時間の経過とともに
汗の臭いが気になってきたという経験があると思います。

スポンサードリンク

それは、服に付いた汗に細菌が
付着してますます臭いを増やしたからなんです。

臭いは、ひどくなるばかりで、服の臭いは洗濯しないと落ちません。
体の臭いも汗を落とさないととれません。

しかし、シャワーも洗濯もすぐにはできないし、
着替えもすぐにできない状況って多々あります。

そんな時にどうしますか?
対処法を知っていれば、
汗を気にして恥ずかしい思いをしないですみますね^^

汗の臭い~体臭の除去方法とは?

汗の臭い対策グッズとしてはいろいろありますが、
一番、気になるのがワキガですよね。
ワキガはすぐに臭いを発しますから気になります。

自分だけではなく、周りの人も気づくほど臭うから
誰もが気にするわけです。

ワキガは男性のイメージがありますが、女性も同じように悩みを持っています。
恥ずかしいから口にはしませんが、ワキガを気にしているのは男女ともに同じなのです。

脇に塗るクリームやデオドラントスプレー、直接貼るテープやパッド、
フィルムなどが出ています。

どれも直節肌に付けるものですが、
汗で流れたり、剥げてしまっては元も子もありません。

クリームやスプレーは汗の出を抑えるというよりは、
細菌の繁殖を抑える効果があるもので汗は自然と出ます。
しかし、細菌が繁殖しなければ臭いはさほどしないものです。

汗は出るので、その汗に対しての対策も必要になるのです。

また、即吸収速乾の下着やパッドもあります。
すぐに乾けば、汗の臭いも少ないかもと錯覚しますが、
実際にはこの暑い夏・・・すぐに細菌が繁殖して臭いにおいに変化します。

だから、体臭自体の除去は難しいのです。

汗を掻いたら、汗拭きシートをまめに使って最近の繁殖を防ぎ、
下着や服にデオドラント効果があると良いでしょう。

汗は、乾いたタオルで拭いてはいけない、濡れたもので拭くと汗が止まる

汗を掻くとつい乾いているハンカチやタオルで拭いてしまいます。
しかし、乾いたもので汗を拭きとると、体温を冷やすために体の機能が出したので、
また更に冷やそうと汗を多量に噴出します。

汗を止めたかったら、濡れたもので拭くと効果的です。

最近は、上質な香りのよい汗拭きシートが販売されているので
それらを活用すると良いでしょう。

汗拭きシートには、抗菌作用があるものや香りがついているものもあり、
非常に便利です。

スポンサードリンク

しかし、毎日使うので、経済的には、辛いですね。

そんな時に脇汗を抑える汗止め帯(レースタイプなど)というものがあります。

汗が多くて困る方は試してみると良いでしょう。
なぜならば、舞子さんたちが汗が少ないのは、
汗止め帯を使っているからです。

下着や服のデオドラント効果は、
抗菌作用がある洗剤や柔軟剤を使うことで得ることができます。
私は以下のものを使っていますが、香りが残っているのでとても良いです。

ワキガ対策のまとめ

脇の汗は、少なくすることはできても完全に止めることはできません。

そこで、汗の量や気温により、
それぞれのグッズを使い分けることをお勧めします。

汗が少ない方は、スプレーやクリームや速乾下着でも大丈夫でしょう。

しかし、汗が多い方は、
いくつかのグッズを一緒に試すことをお勧めします。

そうすることにより、自分に合う、
汗対策を見つけることができるからです。

私は、速乾下着を使っていますが、
汗が多い日は、トイレに行くたびに汗拭きシートで
脇や背中の汗を拭きとっています。

気持ちがいいですよ。

ただ、シートを持ち歩くの面倒で荷物になるので
困っていましたが、大き目のバックを持つことで
解決しています。

ワキガ対策・・・
いろいろありますが、きっとあなたに合う方法があるので
諦めずにこれらのグッズの掛け合わせでお試しください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑