夏バテ(熱中症)予防~安くて簡単で元気になれる方法

公開日: 

こんにちは、ニナレナです!

暑いですねー。
毎日、日中は30度を超えています。

外に出れば、温泉にでも入っているような熱気。
空気がぬるいっていうより、熱く感じる時があります。

ちょっと、歩いただけで、喉が渇くし、気分が悪くなる時もあります。

暑さのせいで、熱中症になったんじゃないかと思うほど、
頭がガンガンすることもあるくらいです。

日傘をさしていても紫外線を防ぎきれないくらい
太陽はギラギラしている毎日です。

スポンサードリンク

そんな中、水分を摂るにも中々、頻繁にたくさん飲めないですよね!
とくに水は、飲み辛い。

甘い物なら、ごくごく入るのにとか、炭酸なら摂れるっていう方も多いですね!
だけど、甘いジュースは、糖質が高く体にも良くありません。

炭酸は、摂りすぎると体に良くない言う説もあります。

じゃあ、どんな水分なら良いの?
って、ことになりますが・・・

水が、体には一番良い!水を1日2リットル簡単に摂る方法

水です!
水をたくさん摂るのが一番体に良いのです。

しかし、水だけで、1日2ℓ摂るには、いつも気を付けていないと
中々飲めるものではありません。

そんな時に上記画像のポッカのレモンを水500㎖に対して
10~15㎖を入れて飲むと飲みやすいのです。

私は、500㎖のペットボトルに冷水を入れてポッカのレモンを15㎖足して
蓋を閉めて振って混ぜます。

のど越しが良くて、飲みやすいレモン水の出来上がりです。

普通にペットボトルのレモン水を購入すると1日4本で、640円もかかります。
もったいないですよね!

自分で作るとポッカのレモン水を買って置くだけです。

レモンを買って絞るのも良いですが、それもお財布に優しくないですよね!
体には良いけど・・・。

レモンにはビタミンも豊富で体調が良くなる

夏バテ状態でしたが、このレモン水を飲むようになってからとっても元気になりました。
何故か、肌の調子も良くなりました。

ビタミン・・・
ビタミンCの影響かなって、自分では感じています。

私は、冷水で作ってそのまま持ち歩くの1時間くらいしたら、常温になってしまいます。
しかし、常温でもレモン水なら飲みやすいです。

あまり、冷えているのばかり飲むと体にも良くないので
常温の飲み物もたまには良いかなあと思っています。

スポンサードリンク

日中の車の中の熱中症対策には、必需品

熱中症対策には飲み物と体をクールダウンするものが必要です。

私は、状況に応じて使いますが、保冷剤を良く使います。

夏場は、車の乗ってすぐの車内気温って、40度を超えていることが多々あります。
窓を開けて冷房を入れても車内が冷えるまでちょっと時間がかかり、乗って直ぐに汗だくになります。

私は、汗だくになりたくないので、運転席にのって直ぐに保冷剤を座席と背中で挟んで座ります。

15分もすると車内も自分の体も快適になるので、保冷剤を外すこともありますが、
暑いときはそのまま運転します。

小さな保冷剤ですから、運転に支障をきたすこともありません。

保冷剤を上手に使うと汗だくになることを防ぐことができます。
今は、首に保冷剤を入れて巻くストールみたいなものも流行っています。

わざわざ購入しなくても保冷剤をうまく活用すれば、
体を冷やすことができます。

私は、車に乗らないときもポケットに入れて出かけることもあります。

保冷剤って、便利です。

今日は、ポッカのレぽンと保冷剤を使った
私流の熱中症対策をご紹介しました。

あなたが、やっている熱中症対策があるなら、ぜひ、教えて下さいね^^

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑