天声人語~書き写しノートの活用で国語の成績がUPした中学生

公開日: 

天声人語

こんばんは、ニナレナです。
朝日新聞の1面のコラムを書き写すという
写経をするようなノートが販売されている。

スポンサードリンク

210円のA4版のノートブックです。
見た目は普通の黄緑色のノートですが
中身は凄く内容があるものでした。

と、言っても朝日新聞をとっていないと普通は
使えないですよね。

しかし、朝日新聞のこのノート用のコラムは
月に300円ちょっとくらいでネットで入手できます。

天声人語を書き写して国語の成績が伸びる?

息子が、天声人語を1週間に1個を書き写しています。
結構、長いんですよね!

そうして、書き写した後、感想を書かなければなりません。
内容が濃いので、子どもには難しいと思っていましたが、
それなりの感想を書くんですよ。

小学生の時は、国語の成績が悪かったので
諦めていたんですが、中間も期末も80点以上を取れるようになったんです。

何が起きたのか・・・
ビックリでした。

この書いたノートを振り返ってみてみると
これが成績が上がった原因だと分析しました。

書き写しているうちに
文法が自然に身に付くんです。

そうして、3学期になり、品詞などを習いました。
凄くわかりやすかったようです。

それは、きちんとした文章の書き方を
この天声人語を使って1年がかりで覚えたからでしょう。

小学校の時には、全くできなかった国語・・・
親としては、視力に障害があるからとあきらめていたんですが
やり方が悪かっただけだったと気づきました。

また、先生がとことん付き合ってくれるんですよ。
諦めずに・・・。

スポンサードリンク

字が汚いと、書き直しなので
子どもたちも必死に丁寧に考えながら
書くようになりました。

息子も何度か
書き直しという目に合ったようですが、
成績が上がっているのを自覚しているので
嫌がらずに書き写し続けています。

ちなみに授業が空いた時間に
書いてるようです。

私立なので普通の公立中学校ととは
違う授業の形態なのでこういうのもやるのでしょう。

天声人語の魅力とは?

天声人語は、大学や高校、中学の入試にも採用されるほどのものです。
だから、中学校でも使っているのだと思います。

実は、子どもが小学生の時にこのノートを買って
親子で書こうとしましたが、長すぎて2日で挫折しました。

その時は、娘としたので、今やっている息子は初めてです。

あの時に、息子にしっかりやらせておけば
もっと良い成績だったかもしれません。

まあ、親のいうことはほとんど聞きませんけどね!

学校だから、先生の言われるとおりにするのだと思います。

天声人語は本当によいことが書いてありますので
ぜひ、機会があれば、読んでみてください。

このノートで何をやるかというと・・・
まずは、写経のように丸写しをします。

タイトルを自分で考えて付けます。

わからない言葉を調べて書くところがあります。

その上で感想を書く欄があるのです。

身に付くことは、言葉を豊富に覚えて、
意味も分かるようになり、要約もできるようになります。

文章を読み取る力もつくので国語の力が
どんどん伸びていくのです。

漢字も覚えることができます。

本当に素晴らしいノートですね!

私は、ボケ防止に、息子に負けないように
もう一度チャレンジします。

ノートを1冊買うと1ヶ月分の天声人語を
写すことができます。

頑張ります^^

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑