PTA~PTA規約に任意加入を明確に規約に書いてない理由とは?

公開日: 

PTA

こんにちは、ニナレナです^^

PTAの新年度の役員決めが始まったところ、
4月にアンケートをもとに決めるところなど
様々だと思います。

スポンサードリンク

PTAの加入自体は任意です。
しかし、学校によっては、PTA共済というのがあり、全員加入の条件のもとに
格安な料金で高額な保険に入れます。

たった500円で事故があった場合は、最高額が億単位で
保障されているのです。

PTAに加入しなかったらどうなるか?

◆保険について・・・

例えば、一家庭一役の学校として
自分が役員をしたくないという理由で
あーだこーだと言ってPTA会費を払わず、
PTA入会をしないとしましょう。

そうなると、「全員加入のPTA共済に入れない」ということになり、
支払いが高い保険に入るしかありません。

PTA共済は、PTA会費で保険額500円を
含んで集めるところがほとんどだからです。

PTAに加入するということは
個人の負担を減らすこともできるのです。

◆卒業式の饅頭やコサージュなど(行事にかかる費用)

卒業式の饅頭代やコサージュ代など
ほとんどの学校が、PTA会費から出されます。

PTAに加入しないということは、
子どもの饅頭代も出してあげれないということです。

もちろん、可愛そうなので、他の人から集めた金で
饅頭やコサージュは渡されると思いますが・・・。

親が、委員をしたくないという理由で
子どもは惨めな思いをすることでしょう。

もちろん、わざわざ、子どもにいう人はいないと思いますが、
子どもは何かを察知するはずです。

◆PTAから配布される文章

実は、このPTAから配布される文章のインク代や紙なども
PTA会費で賄われています。

PTAに加入しなくてお金を払っていないでも
この文章を受け取ることになるでしょう。

それは、受け取る、それは受け取らないというわけにはいかず、
団体の中にいるのですから、加入しないという人の気持ちがわかりません。

スポンサードリンク

素直に加入している人も
好きで、役員の仕事をしているのではなく、
子どもがお世話になっているから
何かお役に立てたらいいなあという感じで参加しています。

◆役員(委員会)

どうしても委員会に所属したくないなら、
できない理由をみんなに納得してもらえば良いのです。

くじ引きで決めるところもあるようですが
そのやり方が嫌ならば、
他のやり方に変えたら良いだけの話しです。

PTAに加入したくなければ、代替え案を持って異議申し立てを!

PTAに加入したくないなら、なぜ加入できないのか?
みんなが納得できるように話すことができるのか?

PTAを解散したとして、代替え案があるのか?

PTAという組織がなければ、保護者への連絡ができないがどうするのか?
ネットを使った保護者への一斉配信などもPTA会費で賄われているが
緊急時の対応はPTAがない場合はどうするのか?

PTAがない時の保険の加入は個人になるが大丈夫なのか?

と、代替え案を必要とする内容が多々あります。

PTAの役割の大きさを知らずして
役員をしたくないという理由だけで
孤立するのはいかがなものでしょうか?

もちろん、役員の決め方や仕事の内容に不満がある人たちが
PTAに反対すると思いますが、話し合いと新しい案を出し合い
解決できるはずです。

どこの学校も問題なく頑張っているところが多いのですから・・・。

なぜならば、そこに子どもに対する愛情と
先生に対する感謝の気持ちがあるから、
頑張れる人たちも多いと感じています。

PTAに反対する前に
なぜ、反対したいのかを自問自答して
話し合いの場を持ちましょう。

PTA規約には任意加入をしっかり書いてないところもあります。
グレーゾーンを設けている感じです。

そうすることにより、加入しないという人の言い分を聞けるからです。

任意加入と入れると
任意だから入らないと言われてしまえば
話し合いもできなくなるでしょう。

考え方は人それぞれで良いのですが、
子どもの為を思えば、大人の対応ができる人が
素敵だと思います。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑