桜の花見の困ったを解決!準備物、場所取り、荷物運び、寒さ、雨や風対策には?

公開日: 

花見
こんばんは、ニナレナです^^
そろそろ桜の花見の季節になります。

桜前線は今、どこでしょうか?
今年はいつまでも肌寒いので、一気に花が咲き、
一気に雨で散りそうな予感がします。

スポンサードリンク

全国の桜前線は、今年は東京がトップだったようですね。
次いで、埼玉など関東からスタートしました。

そのあとは、九州からじわじわ開花し始めます。

さて、あなたは桜の花見の予定はありますか?

家族、友人、会社など様々な人たちと桜の花見を楽しむことでしょう。

また、恋人同士も素敵ですね!

桜の花見のための場所取りは、控えたが賢明ですが・・・

花見の為の場所取りが、あちこちでマナー違反が多いと言われています。

しかし、会社の上司から場所取りの指示を出されると、
何が何でも場所をとるためのシートを敷くでしょう。

場所がなかったら、花見もできませんから
みんな必死なわけです。

そんな時にただ、場所を広々ととるのではなく
何時までは、ご自由にどうぞ!

何時からは使いますので
申しわけありませんが、その時間以降はご退席をお願いします。

などの貼り紙をしておくと
広い場所をとってあっても周りへの気遣いが感じられ
会社のイメージUPにもつながります。

もちろん、担当者の名前と連絡先も記入しておきましょう。

そこまでの覚悟があれば、誰も何も言えないものです。

ただ、場所取りが禁じられている場合は、そこの責任者と交渉しましょう。

花見の準備には、キャリーを使いましょう

キャリーはバック型になっているものでも良いし、
かご型になっているものでも良いでしょう。

ビールやお酒に料理とたくさんのものを運びますが、
車を近くまで乗り入れることができない場合がほとんどで
荷物を運ぶだけで疲れてしまいます。

そんな時に役立つのがキャリーです。

昔と比べて最近は若い人も使っているので
使いやすいですよね!
折りたためるので、もし、帰りに不要なら、大き目のバックを持って行き
入れて持ち帰ることができます。

キャリーを使うことを誰にも遠慮する必要はありません。
帰りにも片付けた後のごみや荷物がたくさんあるわけですから、
どうどうとキャリーを使いましょう。

桜の花見のときの準備物とは?

◆敷物◆
場所取りシートですが、ブルーシートやグリーンのシートの拾い物が一般的ですが、
場所取り用によく使われていますね。

さて、まだまだ寒いので、その上に敷くちょっと厚めのシートも用意して置くと
みんなから感謝されますよ^^

または、座布団まではなくても布物を敷いても良いでしょう。

◆飲み物◆
冷たい飲み物、温かい飲み物、お酒類◆缶ビール、ジュースやお茶など、
みんなが楽しめるような工夫ができると良いですね!

お湯、氷なども準備しましょう。

カン類の飲み物ばかりでないと思うので、紙コップやプラスチックコップの用意は忘れないようにしましょう。

◆料理◆
おつまみだけにならないように、お酒が飲めない人にも配慮しましょう。
食事に変わるものがあると便利ですね。

おにぎり、サンドイッチ、その他美味しい料理など!

◆ゴミ袋◆
片付けはみんなで徹底的に来た時よりも美しくしましょう。
準備した人は、責任を持ってみんなで片付けるように呼びかけましょう。

スポンサードリンク

◆寒さ対策◆
上から羽織るものを用意して行きましょう。
外は冷えるので、せっかくの花見で風邪をひかないように気を付けましょう。

◆アレルギー対策◆
アレルギー鼻炎などの人が増える時期です。
マスクや目薬、ティッシュなどは多めに持って行きましょう。

または、感染症対策でアルコールや
ノンアルコールの除菌用のティッシュがあると便利ですね!

◆その他◆
お皿や割りばしなどは忘れられがちなので注意が必要です。
仕出しなどをとる場合でも多めの割りばしは必須です。

全てにおいて準備する人は気配りを忘れないようにしましょう。

以下は、キャリーです。
重い荷物を一人で無理して抱えて運ぶことはありません。

花見の時の雨が降った場合、強い風、寒さ対策はどうする

花見の日に必ず天気が良いとは限りません。
しかも、大雨でない限り、やってしまうところもあります。
そんな時には、簡易テントを使うと良いでしょう。

簡易テントは呼びかけると持っている人が必ずいますので
早めに確認をしましょう。

会社の場合は、テントを会社から借りてできる場所ならだ丈夫かもしれませんが、
大きなテントを運ぶのも組み立ても後片付けも大変です。

近場の公園を借りて、やる場合は、テントを張って、ビニールを垂らして
寒さも雨も防止しながらできるかもしれません。

花見スポットで行う場合は、そうもいかないので
せめて、簡単に折たためる簡易テントが3つくらいあれば、
215人~20人くらいは何とかなるでしょう。

大雨の時はあきらめるしかありませんが!

寒さ対策は、忘れないようにしましょう。
今年は少し、冷え冷えするようです。
4月の中旬から暖かくなると言っていましたが地方により
寒暖差は違うので一概には言えないと思います。

さて、今年も素晴らしい花見ができると良いですね。
準備万端で、楽しみに待ちましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑