子育て~問題解決能力の高め方(将来のリーダーになる)

公開日: 

コーチ

こんばんは、ニナレナです。
子育て世代の親の願いは、だいたい似ている。

優しい子に育つこと。
健康であること。
頭が良いこと。

リーダーシップが取れること。
人の役に立つこと。
問題解決能力が育つこと。

などなど、求めるものはみんな高い。
これが悪いというのではない。

むしろとても良いことだと思う。

スポンサードリンク

子どもは、期待された方が頑張るからだ!
最初から親があきらめている子どもや
全く親の注意が注がれない子どもはかわいそうだ。

子どもは、親の期待を背負って素直に
のびやかに育つのが一番良い。

親たちもそうやって育ってきたからだ。

問題解決能力を育てるとリーダーになりやすい

多くの人間が右に倣えみたいな育ち方をしている。
自分の意見を持たない。

いや、持っていても口にしない。
だから議論にもならない。

集団の中に
自分の考えを持ってはっきり言えれば、
その集団のリーダーにすぐになれる。

なぜ、日本人は自分の意見を言わないのか?
これは教育にも問題があると思う。

日本は、みんな同じでそれでよい。
みたいな教育を受けてきた。

決して浮かないように足並みを揃えてきたのだ。

しかし、この時代になって
それはおかしいことに気づき始めた人が多い。

スポンサードリンク

とくに若者たちは昔の考え方に疑問を持っている。

みんな同じで良いはずがない。

成績も真ん中くらいなら良しとする人が多い。

ぬるま湯に浸かって
脱出できない状況だ!

せめて・・・
成績をあげれば、何かが変わるということに気づいて欲しい。

成績・・・偏差値を10あげるだけで変化がある

偏差値が10上がれば・・・
自信がつく!

自信がつけば、自分の考え方が変わる。
周りの接し方が変わる。

成績だけが原因ではないが
自分が変われば、周りが変わるということだ。

これだけで、リーダに近づけるのだ。

リーダになって問題解決能力を高める子ども

リーダになる子どもは、まず目標を持っている。
つまり、いろいろな段階でゴールを持っているのだ。

それぞれのゴールを達成するたびに
問題解決能力が育つ。

そのお手伝いをするのが、母親だ。

母親として接すると喧嘩になる。
子どもを思うばかりに口調が強くなったり
コントロールしようとするからだ。

そんな時に
「お母さんんがコーチになれば子どもの成績はぐんぐん伸びる」
と、言う本を読んで頂きたい。

子どもをリーダーにするための
ヒントがたくさんでした。

この本を役立てると
成績もUPしますよ^^

日本にたくさんのリーダーが欲しいですよね。

子どもたちの将来の為にも
問題解決能力は育てていきたいものです。

何か問題が起きるたびに
解決していくと達成感と経験値で
リーダーに近づけます。

いろいろな事にチャレンジして
視野を広げてはいかがでしょうか^^

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑