72代横綱昇進の稀勢の里の奉納土俵入りは素晴らしかった!~キセノンをこれからも応援!

公開日: 

yokoduna

こんばんは、ニナレナです^^

今日は、明治神宮で、
72代横綱に昇進した稀勢の里の土俵入りがありましたね!

午後になってから、テレビをつけてまだかまだかと
待っていました。消してしまうと観なきゃと
思っていたことを忘れてしまうからです。

スポンサードリンク

グッディの中で観られうかなと思ったけど
時間がきて、見られずに
ミヤネ屋で観ることができました。

Live映像だったので
感動しました。

最も近くで観た方の
感動はもっともっと大きかったと思います。

15時くらいから始まるかなあと思っていたけど、
実際には、15時50分くらいからでした。

5分くらいの場面でしたが
すごく感動しました。

横綱の風格に感動でした!稀勢の里を応援し続けたい!

今日明治神宮で行われた稀勢の里の
横綱としての初土俵入りは、本当に感動しました。

横綱 稀勢の里
太刀持ち 小結の高安
露払い 前頭二枚目の松鳳山

3人の力士が登場したときの感動は
今でも蘇ります。

日本人横綱が長い年月(19年)、存在していなかったので
世間や関係者の期待も大きいと思うけど、稀勢の里らしく
頑張って欲しいと思います。

精神的に弱いから、中々綱が取れないと
長い年月言われ続けてきた稀勢の里ですが、
きっと克服して強い精神の持ち主になったのではないでしょうか。

スポンサードリンク

今日の三つ揃えの化粧まわしも素晴らしかったですね!
初代若乃花のものを借り受けたとのことでしたので、
きっと、素晴らしい横綱になってくれると思います。

雲竜型も初代若乃花もやったということでした。
ますます、相撲ファンが増えて
良いことだと思います。

最近は、横綱も外国人ばかりだったので
観たり観なかったりしていました。

昔の若貴時代は、観ない日はなかったなあと
思い出したところです。

来場所から来場者も増え、
テレビの視聴率も上がることでしょう。

稀勢の里は、キセノンというニックネームで呼ばれている

稀勢の里は若い女性や若者を中心に
キセノンというニックネームで呼ばれています。

今まで力士がニックネームで呼ばれたことは
ほとんどないと思いますが、
相撲ファンの層が広がって喜ばしいことですね!

笑顔も素敵だし、性格が何よりも優しいということで
女性には人気の力士だと思います。

昨日の綱打ち式で、30人の力士で綱を
打ち作り上げていく画像が放映されましたが
みんなの気持ちが籠っていくのだなあって思い、
そこにも感動しました。

そのあとに、できた真新しい綱を付けてもらい
芝田山親方から指導を受けながら、
雲竜型も練習をしました。

どのくらいの練習があったかはわかりませんが、
今日のキセノンの土俵入りは素晴らしいと感じました。

中々、日本人横綱の土俵入りを観ることができないので
明治神宮に1万8千人が集まったという報道に驚きました。

朝早くから並んでいた人もいたようで
相撲ファンも多く、これからが楽しみですね。

私も近くで相撲があるときは
応援に行きたいと思いました。

他にも注目されている日本人力士が数人いるようなので
これからも稀勢の里と力士達を応援して行こうと思います。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑